プロフィール

幼少の頃から物づくりが好きでミニ四駆の改造やプラモデルづくりに明け暮れる。父の影響で中学生からパソコンを使い始め、大学は情報工学科を選択。
 
IT系の仕事は3K(きつい・帰れない・給料が安い)と言わていたため進路を迷っていたが、子供の頃から好きだったパソコンに関わる仕事をどうしても諦めることができず、大学3年からプログラミングのバイトを始める。諦めるつもりで始めたプログラミングだったが、いつのまにかフリーランスプログラマーとして生計を立てるようになる。
 
オーダーメイドのウェブシステム開発を得意とし、デザイン以外は設計から実装まで1人でこなす。得意な言語はPHP,HTML,CSS,JavaScript,RubyC#で簡単なウィンドウズアプリも作成する。これまでにワードプレスのカスタマイズからマラソンイベントの申し込みサイトの制作、定額動画配信サービスの開発まで様々な規模の案件に携わる。
 
趣味はロードバイクとお酒。ロードバイクを購入してすぐに大阪から東京まで走るという無謀なことをするも日本橋の道路元標まで走りきる。好きなお酒は日本酒、クラフトビール、赤ワイン。週末にのんびりお酒を飲むのが楽しみ。好きな偉人はエジソン

伊勢神宮に行くならガイドさんを頼むのがおすすめ

f:id:na2an:20170720111637j:plain

先日家族旅行で伊勢神宮に行ったのですが、そのとき頼んだガイドさんのおかげでとても満喫できました。その日は雨だったのですが「雨の日にしか見られない景色もありますから楽しみにしてください」と気遣いもしてくださるとてもいい人でした。

そのガイドさんは伊勢市観光協会のボランティアガイドの方で、インターネットで依頼したみたいです。(義理の母が依頼してくれたので詳しいことはわからず(^_^;) ガイドがない日も伊勢神宮に通っていて、守衛さんとも顔見知りだそうです。

そんなガイドさんの何がよかったかというと…

詳しく説明してくれる

パンフレットを見ながら回るのは結構大変だし、要所要所で説明してもらえたのが良かったです^^

例えば、外宮に入るところで「外宮には神様たちの食事係の神様が祀られていて、内宮の天照大御神が呼び寄せたんですよ」とか、正宮の手前で「神様たちの食堂はここにあるので、内宮からもこちらに集まるんですよ」といった話をしてくれました。人間と同じように神様も食事をするイメージがなくて、なんだかおかしかったです^^

祭事の写真を用意してくれていた

観光で回ったときは特に祭事がなくて、ガイドさんの写真がなければ広くて自然が多い神社というくらいの印象でした。なにか儀式に使うんだろうなという場所でも、そこにあるのは小さな岩だけなので…

そんな場所も「祭事のときはその岩を目印にずら~っと一列に並ぶんですよ」と写真と一緒に説明してもらうと実際のイメージもしやすく、不思議と厳かな雰囲気を感じました。

パンフレットではわからない話も

伊勢神宮内を歩いている柵で囲われた木や岩がところどころにあるのですが、実は観光客から守るために囲っているだけで特別な場所とは限らないそうです。「柵で囲われているとみなさんパワースポットにしちゃうんですよね(笑)」と話してくれました。

あと「正宮では感謝の気持ちでお参りを、お願い事は別宮でしてくださいね」という話も印象的でした。一番立派な正宮でお願い事をしたくなりますが、別宮には荒御魂が祀られていて、その荒々しいほどのパワーで願いを叶える力もすごいとのこと。

ちなみに、お願いは「かなえてください」ではなく「応援してください、いい風をお願いします」というのがポイントだそうです。神頼みではなくちゃんと努力しないとダメということですね><

まとめ

当日はあいにくの天気でしたが、ガイドさんのおかげで充実した伊勢参りになりました。今回お願いした「お伊勢さん観光ガイドの会」はオススメです^^

Evernoteのクラシックノートリンクの簡単な取得方法

私はタスク管理アプリのメモ欄にEvernoteのノートリンクを張って、細かいことはEvernoteにまとめるという使い方をしています。

ノートリンクの不便なところ

よく使っているノートリンクですが、Evernote以外で使うにはちょっと不便なところが… Evernote以外に貼り付けるとhttpsから始まるリンクになってしまい、ブラウザを経由しないとノートを開けないんです。集中したくてWiFiを切っているとクリックしてもノートを開けず地味にストレスが溜まります(^^;

f:id:na2an:20170704175801p:plain

クラシックノートリンクも面倒

evernote://から始まるクラシックノートリンクなら直接ノートを開けるのですが、取得方法がわからず「ノートリンクをコピーした後にEvernoteでリンクの編集をして取り出す」というとても面倒な方法でコピーしていました。

面倒だったクラシックノートリンクですが、実は簡単に取得する方法があったのです。

クラシックノートリンクの簡単な取得方法

その方法は右クリックメニュー表示した後にOption(Alt)キーを押して「クラシックノートリンクをコピー」をクリックするだけです。今までの苦労がウソのようで見つけたときは小躍りしたいほど嬉しかったです(笑)

f:id:na2an:20170704182927p:plain

今ではタスク管理アプリとの連携も効率良く出来て助かってます。